アクセサリー&輸入雑貨 通販 レーゲンターグ

シルバー アクセサリーのお手入れ方法

シルバーアクセサリーの保存とお手入れ

シルバー製品は毎日身につけていると自然に表面が研磨されて、変色はあまり目立ちませんが、
長期間そのまま放置すると黒ずんで変色してきます。
これは空気中に含まれる硫黄分と結合して、硫化銀の膜を作ることが原因です。

シルバーアクセサリーの保存

袋.jpgシルバーの長期間の保存には、
「チャック付のビニール袋」がおススメです。
ホームセンターなどで購入できます。
(当店でシルバーをお買上げの際には保存用にお付けしています。)

できるだけ袋の中に空気を入れないようにして、チャックを閉じてください。
空気に触れさせないことが重要です!
サランラップで包むのも効果があります




個人的には、使っていくうちに色が変わっていくのも、小さなキズができたりして光沢が柔らかになるのも、
味がでてきて好きなんですが(笑)。

皮膚や髪のタンパク質内のアミノ酸の中にも硫黄成分が含まれているので、ネックレスのチェーンやリングの内側などが変色してしまうことはよくあります。

やはり黒ずみが気になった時はお手入れをしてあげましょう。
少しのお手入れで、輝きが再び戻りますよ。


シルバーアクセサリーのお手入れ


【シルバー専用クロス】
一番お手軽で代表的なのが シルバー専用のクロスです。
シルバーを豊富に扱っているアクセサリー店にはあると思います。よくレジの前に置いてあるのを見かけます。
繊維の中に研磨剤の微粒子が入っているので、軽い汚れや変色なら簡単にピカピカになります。

※ 繰り返し使っているとクロスがだんだん黒く汚れてきますが、絶対に洗わないでください!研磨剤がとれてしまい、ただの布になってしまいます・・・。
黒く汚れても効果は変わらないので、そのまま使用してください。



【研磨クリーム】
ウイノールやピカールなどの研磨クリームを布につけて磨く方法。
柔らかい布が適しているので、もう着なくなったTシャツや肌着などがあれば、それを利用してください。
磨いていると爪の間に黒い汚れが入ってしまったりするので、ビニール手袋やゴム手袋をはめておくとよいです。
磨き終わったら、食器用洗剤などで洗って油分を落としてください。


※ ブレスレットやネックレスなど木綿の糸や革、ワックスコードを使用している場合はクリームタイプのお手入れにはお薦めできません。



【シルバー専用クリーニング液】
液の中にシルバーを浸けると短時間でキレイになります。
チェーンなどの磨くのに手間がかかるものに向いています。
浸す時間によっては白くなりすぎてしまうことがあるので、説明をよく読んでから使用しましょう。

ちなみに当店で取り扱っているシルバーアクセサリーには不向きかもしれません。キレイになり過ぎて、風合いも一緒になくなってしまうので・・・。

※ 天然石などが付いているアクセサリーには使用しないでください!
※ ブレスレットやネックレスなど木綿の糸や革、ワックスコードを使用している場合は液状タイプのお手入れにはお薦めできません。



【歯磨き粉】
身近にあるもので代用すると、歯磨き粉が使えます。
指で軽くこすって磨いてください。わりとキレイに磨けます。



いずれのお手入れの後にも最後に乾拭きをされることをお勧めします。



最後に、日常的にできる変色防止対策として、

* 汗をかいた時は洗い流してあげる。
* 料理や水仕事をする時ははずすように心がける。
* 入浴する時ははずして入るようにする。
特に温泉に入る時は絶対にはずしてください!硫黄分がたっぷり含まれているので、大変なことになります!



以上、シルバーアクセサリーの保存とお手入れの方法でした。
参考にしていただけたなら、さいわいです。

日頃の少しの心がけやメンテナンスでシルバーを良い状態でお楽しみいただくことができます。

せっかく巡りあったお気に入りのシルバーアクセサリー、末永くかわいがってあげてくださいね。